太陽光発電の複数社一括見積申込み

安く導入するポイントを解説

太陽光発電の見積依頼【無料で複数社一括見積申請して比較】

太陽光発電 一括見積もり依頼

point.png太陽光発電を一から学ぶ!太陽光発電導入ガイド

電気を売る!太陽光発電の魅力とは?

太陽の光東日本大震災が発生してから自然エネルギーのあり方について見直しが政府や企業でも行われています。これからますますエネルギーの需要と多様化が進む中、最近特に話題で人気のソーラーエネルギー、太陽光発電の導入をお考えの方、もしくは太陽光で電気を作って売ることについて興味のある方、今まさに導入を検討するべきです!

新築のマンションの屋上や一戸建ての屋根に設置するこの太陽光パネルでの発電、いわゆる太陽光発電は自分の家の電気を作ってくれるだけでなく、余った分を電力会社に売ることが出来るというものです。ヨーロッパではかなり普及していて太陽光パネルを作る技術などは日本がナンバーワンですがなかなか普及していません。

ここ最近では太陽光パネルを設置した家に補助金を出すなど普及に力を入れている政府ですが、まさにこれからさらに注目を浴びる存在になっています。技術も数年前に比べて進歩しているのでまずは導入を検討してみても良い段階に入っています。

初期費用については補助金を組み合わせることでかなり安くなるでしょう。地域ごとに金額はことなりますので注意が必要です。初期費用と補助金をご確認いただければと思いますが、初期導入にかかるコストは200万~250万ってところですね。

電気を売って利益が出る?太陽光発電のメリット・デメリット

一番大きな魅力はやはり、電気を売るということ。電力会社へ高単価(42円/kwh・平成23年度契約の場合)で売ることができます。毎月支払う電気料金が下がることはもちろんのこと、電力会社からほぼ毎月発電収入が期待できるというものです。人によっては売ることを大きな目的に大きなパネルを設置するなどある意味で「投資」を行っている人もいるようです。

投資した金額を回収するのに7~10年程度かかりますが、それ以降は完全に利益になります。この期間を長いと捉えるか短いととらえるかはそれぞれの環境でデメリットになりうるところかもしれませんが、一戸建てを持つ家庭にとっては設置調査などの見積もりをしてすぐに設置、ということも可能で、かなり導入が容易になりました。その他、太陽光発電のデメリットがいくつかありますので確認しておいてください。

kochira.gif導入のメリットとお得な補助金制度 太陽光発電の詳細を見る

太陽光発電を安く導入するポイント

太陽光パネルまだまだ費用が高いイメージがある太陽光発電、とくに太陽光パネルですが、安く導入するにはちょっとしたポイントがあります。それは複数社の施工会社に対して、比較見積もりの申込みを行うことです。業者の言いなりにならない、高い買い物を無駄にしてしまわないためにも一括見積もりを行うことでサービス部分と費用やサポートなどを比較して決めるべきです。

また、あわせて補助金を申込み、活用することを検討してください。現在、住宅用太陽光発電システム補助金制度で導入を募集しています。地域や各市区町村によって金額は変わりますが、4kwの場合:192,000円 の補助金が導入の際にもらえるようになっています。この金額はパネルの1割~2割程度なのでメリットは大きいです。

見積もりの申込み・施工対応地域一覧

見積もり時には住所を連絡する必要があります。全国対応しておりますが、施工会社は全国各地で変わってきます。

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県 、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

太陽光パネルメーカー一覧

太陽光発電のメーカーは全国にこれだけあります。

株式会社カネカ、元旦ビューティ工業株式会社、京セラ株式会社、三晃金属工業株式会社、サンテックパワージャパン株式会社、三洋電機株式会社、シャープ株式会社、昭和シェルソーラー株式会社、ョット日本株式会社、長州産業株式会社、パナソニック電工株式会社、富士電機システムズ株式会社、フジプレアム株式会社、株式会社ホンダソルテック、三菱重工業株式会社、三菱電機株式会社、YOCASOL株式会社

確認のポイント

最適な太陽光発電システムを導入するのにあたり、製品同士を比較する基準となる三つのポイントがあります。

1.製品価格
2.発電量(変換効率)
3.保証

費用は安くても発電量が少ない場合に、多い場合に比べてもとをとるには時間がかかります。結果的に高くついたということもあるので、どれくらい設置する可能性があるか、についても検討する必要があるでしょう。

一括見積もり申込みの流れについて

無料で見積もり依頼が出来るのでやるにこしたことはありません。住所等を入力すればその地域での実績がある施工会社を複数ピックアップして見積もり申込みを行うことができます。悩んでいる方も将来導入したい方もまずは見積もりをとってみると良いでしょう。

  • 1.設置する住所等を入力する
  • 2.最大5社から見積もりを入手
  • 3.サービスや費用などを厳選して決定する
  • 4.太陽光発電導入の依頼を行う


kochira.gif太陽光発電の一括見積もり 無料の見積もりを申し込む

accept.png太陽光発電を導入するときに知っておくべきことを解説しました
kochira.gif太陽光発電導入ガイド